証券CFD取引の特徴やリスク

証券CFD取引とは、差金決済取引の一種です。少しの証拠金を預託して、国内外の上場株式以外にも世界の主要市場の株価指数、株価指数先物、債券先物などの売買の価格差で決算を行う方法です。ちなみにCFDとはContract For Difference、差金決算の頭文字を取ったものです。

店頭CFD取引は証券会社とユーザーの相対取引となり、そのためにユーザーは証券会社に証拠金を差し入れします。その後、CFD取引の注文を指示します。指示とは注文数量や価格などです。そのあとに反対の取引を行い、取引決算が行われます。カバー取引というものがありますが、これは証券会社がユーザーによる注文と同じ発注をすることで、ユーザーが利益を出したことによって証券会社側は万が一損失をかぶったときのリスクを減らすことができます。取引所と提携金融機関などの間で行われている取引です。

株は簡単に儲けることは難しいと言われています。儲けるためにはどうしたらいいのか、これは銘柄分析が鍵を握るようです。大きく分けてファンダメンタル分析と、テクニカル分析があります。

ファンダメンタル分析というのは、企業の良し悪しと株価の割高性を分析する方法です。1株あたりの利益はどうなのか、売上や利益を順調に伸ばしているのかどうか、株価と保有資産のバランスは取れているのかなどを分析します。これらはPERやPBRなどで分析内容を把握することができるようです。テクニカル分析とは、チャートをみて判断します。過去の株価水準はどうなっているのか、推移や出来高などを分析して株価を読むという方法です。株に関する書物の多くはテクニカル分析に関するものですね。どちらも体験したことがあるという方が進めているのは、様々な意見があるからこそ、どちらも取り入れたほうがいいというものです。中短期的に考えたらテクニカルを、長期的に考えたらファンダメンタルに重きを置く見方が一般的のようです。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)