ローソク足はチャートの基本

くりっく株365 とは、日経255や海外株価指数を取引できること、少額の資金で投資が可能なこと、現物株式と同様配当を受け取れること、決算期限が設けられていないこと、24時間取引が可能なことなどの特徴を持っている新しい金融商品です。決算期限が設けられていないので、初心者の方でもじっくりと取引が出来ると評判です。

初心者の方が株を始めるにあたり、株価チャートを参考資料のひとつとして使うようになりますが、株価チャートとは、その銘柄の株価が過去にどういった動きをしていたのかが一目でわかるグラフです。上下している様子と世の中の市場とがどのようにリンクしているのかなどを調べるときに非常に役立ちます。基本となるものにローソク足チャートがあります。

株価チャートの中でも特に使われているもので、証券会社が運営しているホームページやブログなどでも確認することができます。ローソク足チャートで分かることは、一日の株価の変動です。始値はその日の最初についた株価を意味します。終値はその日の最後に付いた株価のことです。高値はその日の一番高かった株価を、安値はその日の一番安かった株価を指しています。それを図で表したものがローソク足チャートで、見た目がローソクに似ていることからこの名前がつきました。

一日の動きをじっくり観察していると、次の日の株価の動きがどうなるのか予想することができると言います。もちろん、株を始めたばかりではなかなか見極めることが難しいかもしれませんが、慣れてくるとチャートを見るだけである程度予想がつくそうです。株価が大きく値上がりしたのか、その勢いは強かったのか、その勢いは翌日も続くのかどうかを予想するわけですね。これは過去のデータを見て予想するという方法で予行練習をしてみるといいそうですよ。過去のローソク足チャートを見て翌日を予想する、そのあと翌日のローソク足チャートを確認する、これを繰り返すことで株価の動きを予想しやすくなるそうです。

No Comments.

Leave a Reply

(必須)

(必須)